プログラミング教育が今とてもアツイ!「ドットゼミ」というこども向けプログラミング教室をやっています

会場全体を自分のペースに引き込め!―全体発表会「ドットゼミEXPO2016」―

cup-1615074_640

こんにちは。京都・滋賀のこどもプログラミング教室ドットゼミです。
今回の投稿では、昨年12月23日に行われた年に一度の全体発表会ドットゼミEXPO2016の様子をお伝えしていこうと思います。
各教室予選を勝ち抜いてきた12名の決勝進出者が、大勢の観客の前で順番に自分の作品を堂々とスピーチしました。

 

◆ ドットゼミEXPOとは?


「ドットゼミEXPO」は、各教室の全生徒たちが一堂に会して、それぞれが学んだプログラミング技術を駆使して制作したゲームやアプリなどのIT作品を発表する大会です。
詳しくは以前のエントリーであるドットゼミの中で誰が一番スゴイ!?―全体発表会「ドットゼミEXPO2016」―をご覧ください。

発表会

12.23にイベントホールで開催!

 

◆ 今回の上位入賞者


まず結果からお伝えすると、優勝したのは小学校5年生の男の子です。彼の作った作品は二人対戦型のテニスゲームでした。
1プレイヤーと2プレイヤーでラリー対戦が出来たり、パワーをためてスマッシュを打つ、さらには、お母さんにレフェリーの声優をしてもらう・・・など、細かな部分にこだわったところと、ユニークは発表で会場の心を見事つかみました。作品と発表の総合力が一番高かったです。
1位に輝いたこの子にはドットゼミからタブレットパソコンをプレゼントしました。

発表会

見事優勝しました!

2位には小学校3年生の男の子が入りました。彼は物理エンジンと言われるような物理の法則を使ったシュミレーターを使って
車を動かすゲームを作りました。車を走らせていくと様々な物理法則が働き車が翻弄されていきます。
その様子が非常に面白く、見事2位になりました。
2位になった彼にはミニドローンをプレゼントしています。

また、3位には中学校1年生の男の子が入賞しました。彼の作品は「自主制作映画のトレーラーサイト」です。
簡単に言うと、自分たち仲間で作った映画の情報を宣伝するプロモーションサイトのようなものです。
ドットゼミの授業で習ったことをうまく活用しながら、自分の映画に関する公開情報をWebページとしてまとめました。
また、JavaScriptを使ってサイトに動きもつけています。彼にはVRヘッドセットをプレゼントしています。

その他惜しくも入賞ならなかったファイナリストたちの作品も非常にレベルが高く、ひとりひとりの個性が出ていたと思います。

発表会

決勝進出者達の作品

 

◆ 発表会を行ってみて


惜しくも決勝に残れなかった子も沢山来てくれました。みんな目を輝かせて「来年はあの舞台に自分も立つぞ!」と闘志をメラメラと燃やしていましたよ。
決勝に残った子達は、「こんなに高いレベルの仲間が他の教室にはいるんだ。」と刺激を受けたようでした。

 

◆ 今回の記事のまとめ


このようにドットゼミでは、普段の授業に加え、年1回の発表会というものを行っています。
テキストに沿って進めるのではなくて「自由制作形式」で自分の作りたいものをじっくりと高いクオリティで作っていくことができます。

発表会という大きなイベントで自分たちの作った作品が発表出来ますし、自分たちのレベルがどんなものなのかというのを比べられるような機会を設けています。
 
 
興味のある方は↓のリンクから体験の申込みをしてくださいね!
講師一同、皆さまもお越しを楽しみにお待ちしております。
 

 

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。