プログラミング教育が今とてもアツイ!「ドットゼミ」というこども向けプログラミング教室をやっています

本当は秘密なんですが・・・ちょっとだけ体験授業の内容を教えちゃいます♪

idea-1296140_640

こんにちは。京都・滋賀の子どもプログラミング教室ドットゼミです。
今回は体験授業(全1回、有料)についてです。
よく体験に行きたいという方に、電話やメールで「体験で何をするんですか??」とお問い合わせ頂きます。
なので今回、おおまかに「こんな感じでやっています!」ということをできるだけ書いてみたいと思います。
それによって体験授業でどんなことをするのかというイメージがより掴めるんじゃないかな~と思います。

 

◆ 学齢によって選べる2種類の体験メニュー(スクラッチとJavaScript)


体験授業は有料ですが、入会された方には体験料を全額返金しておりますのでご安心ください。
(元々無料でしたが、最近「タダだから来た、とりあえず来た」という方が増え、真剣に入会検討されている方への体験授業や説明に支障が出てきたため、有料とさせていただきました。)

体験授業は大きく分けて2種類のメニューに分けられています。
1つ目は、小学生を主に対象としたもので、子ども向けのプログラミング言語であるスクラッチを使った「横スクロールのジャンピングアクションゲーム」になります。
2つ目は、中学生、または高校生向けに作られているもので、JavaScriptを使った「クイズアプリ」になっています。

まず一つ目。スクラッチを使った横スクロールのジャンピングゲームですが、みなさんの誰もが遊んだことのある、スーパーマ○オ風の“横に進みながら障害物をジャンプで越えてゴールまでたどり着く”ゲームになります。
もちろん子ども向けとはいえ、それだけのゲームを作るとなると、一時間で最初から最後までを作ることはできません。そのため、コードの中で面白い部分やプログラミングで「ここをを学んでほしいなぁ」と思うところを中心に皆さんには触れて作っていってもらいます。

1時間でアクションゲームが作れる!?

1時間で横スクロールのアクションゲームを完成できるかな?

 
次に2つ目です。JavaScriptを使ったクイズアプリです。「アプリ」と聞いてなじみのない方もいるかと思いますが、要は「ゲームではないけれど、何かしらの機能をもったもの」と単純解釈してもらえればOKです。
そんなに難しくありません。あるクイズ(問題)が出てきて、その問題に対する答えを入力して送信すると、それが“正解”か“はずれ”かが表示されるという問題がいくつか出てくるアプリとなっています。
JavaScriptなのでHTMLやCSSなんかの基礎も使いながら、1時間でゼロから仕上げられるかチャレンジしてもらいます。
時間内に全部終わらない人ももちろんいるんですけども、「あーこんなことするのか」という雰囲気だけでも味わってもらいたいと思っています。

JSを使ったコーディングに挑戦!

JSを使ったコーディングに挑戦!

 

◆ もっと詳しく知りたい!気になる体験授業の流れとは?


ドットゼミの体験メニューはこの2種類どちらかを選んでもらうのですが、授業の流れとしては、「実際にドットゼミに入会した後にどんな風に授業を受けていくのか」という部分を疑似体験できるよう作られています。
ドットゼミには、独自のカリキュラムとして、「36チャレンジ」と呼ばれるものを用意して授業をしています。
その普段の授業の「36チャレンジ」を想起できるようなかたちで子ども達が1時間の中でドットゼミの授業を体験できるようにしています。

この「36チャレンジ」については企業秘密なので、(競合の方も見ている)ここでお伝えすることはできないんですけども、ただ、遊んで楽しかった!だけではなくて、
知識面・技術面ともに子ども達がどんどんどんどんプログラミングを身につけていく、そしてしっかりとステップアップで体に染み込むようなカリキュラムになっています。

 

◆ 保護者は一緒に体験を受けた方がよいの?


答えは“イエス”です!
イエスとこちらから言わなくとも、保護者の方も体験授業の時にお子様と一緒に横で見学されることが多いのです。
その場合、「ドットゼミのカリキュラムの内容」だったり、「入会後はどんなことをしていくのか」、または「プログラミングを学ぶことによってどのような効果があるのか」といった将来につながる話を担当講師の方から詳しく説明させていただいています。
ですので、もし何か質問があったり、ふと思った疑問に関しては、遠慮なく担当講師の方にどんどん聞いてみてくださいね!
そうすることで、ドットゼミやプログラミングそのものに対しての理解も深まりますし、親近感も湧きます。
お子様がプログラミングを学んでどうなっていくのかというような近い将来、未来のことについてもイメージ出来ると思います。

 

◆ 今回の記事のまとめ


ということで、ドットゼミの体験メニューの全貌がつかめましたね!(笑)
なにも特別なものではなくて、「普段の授業がどんなものであるか」イメージが膨らむ内容になっているだけです。
 
・・・どうですか?ドットゼミの授業内容が少し気になったのではないでしょうか。そんなあなたにドットゼミでは体験授業(全1回、有料)を行っています。

 
 
興味のある方は↓のリンクから体験の申込みをしてくださいね!
講師一同、皆さまもお越しを楽しみにお待ちしております。
 

 

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。