プログラミング教育が今とてもアツイ!「ドットゼミ」というこども向けプログラミング教室をやっています

家でも主体的にプログラミングを学ぶ姿が―ドットゼミ受講生の声①―

14203d9934efe9643336a6da39802c21_m

こんにちは。京都・滋賀の子どもプログラミング教室ドットゼミです。
今回の投稿はドットゼミ二条北教室に通う生徒のお母さんからの、受講の感想(メッセージ)です!
実際に通われている方の意見を聞いてみて、是非体験や入会の判断材料にしていただければ・・・と思っています。それではどうぞ!

 

◆ 保護者の方からのメッセージカードとドットゼミの考え方


この子は小学校2年生のときからドットゼミに来ています。元々プログラミングに対してセンスのある子で、飲み込みが早く、毎回のように授業前に自分の作品(ゲームやアプリ)を作っては、先生やクラスの友達に発表をしていました。
 
授業だけではなく、自分で家にいる時にせっせと作品を作っては、「遊べる状態」=出来上がったゲームにしてデータを持ってきているのです。
低学年の子が誰に言われるでもなく、家で黙々とプログラミングに打ち込んで、なおかつ完成品を上げてくるなんてすごいと思いませんか?

 

そんな健気でストイックな姿を想像すると、我々も「じ~ん」と嬉しくなりました!なんと可愛いことか!
以下がお母さんからもらったお礼のメッセージになります。家での出来事を思わずドットゼミに伝えたくなったのかな・・とホクホクしながら推測しています。短い文章なのですぐ読めますよ。

 

受講者の声1

メッセージカード。小学校低学年の子のお母さんから。

 

どんな教室でも体験に行ったときに「どうだった?」と聞いたら「面白かった」と言う子は多いと思います。
ですが、通い始めてしばらく経ってからも行くのを楽しみにされている教室となると、そこまで多くはないのではないでしょうか?

 

そういう教室にドットゼミがなっているのはとーーーっても嬉しい限りですが、だからといって、授業で特別すごいことや難解なことをしているわけではありません。
「毎回毎回のレッスンで、ちゃんとプログラミングを上達させていく」というシンプルだけど基本であることを単にやっているだけです!
そうすることで、子どもたちの意欲や能力を引き出すことにつながるのです。

 

・・・どうですか?ドットゼミの授業内容が少し気になったのではないでしょうか。そんなあなたにドットゼミでは体験授業(全1回、有料)を行っています。
 
興味のある方は↓のリンクから体験の申込みをしてくださいね!
講師一同、皆さまもお越しを楽しみにお待ちしております。

 

おすすめ記事

登録されている記事はございません。